本日のゲレンデ(とあるパトロールKの回想)

目覚めると真っ先に
「なんとも暖かい」
というスキー場にとってはありがたくない感覚に包まれた。
いつもどおりの上着を着てスキー場まで歩くと、
あっという間に汗ばんでしまった。
どことなく生ぬるい空気が辺り一帯を支配している。
普段の冷凍庫のようなキレのある冷気は鳴りを潜め、
まるで壊れた冷蔵庫にでも入っているような気分だ。

よもや春であろうか。

いやはや、もはや春である。



なんとも冴えぬ濁りきった朝ではあったが、
振り返ればノムギブルーの予感である。



予想通り、いや予報どおりというべきか

どこまでも深く、全てを飲み込むような青に
樹氷がよく映えるではないか。


絶妙なコントラストではあるが、
厚手の雪化粧と、それを引き剥がさんとする
空からの使者とのせめぎ合いなのである。


暖かいとはいえ、上部ゲレンデの雪面はそう軟弱なものではない。

本日も多くの滑走者達が雪面との対話に勤しんでいた。

スキーもボードも修行あるのみ。

雪面のみならず、
ポールとの果し合いである。


本日は珍しくリフト待ちの列も見受けれられた。
数分のリフト待ちは束の間の休息でもある。




山頂は些か風が強く、下部ゲレンデはシャバ雪のきらいがあったが、


本日もまた良き1日であった。



かっしー




 

このブログの人気の投稿

今シーズンの営業を終了できました!感謝!

増えたもの

雪・作ってます!