2013年3月16日土曜日

みなさんの愛を届けに…

『ブログを書いている田中さんはいらっしゃいますか?』

そう呼ばれて初めてお会いした方に、

『4月に宮城に行かれるんですよね。何もできませんがこれを…』
とご支援金を頂きました。


ステッカーを購入して頂いた方が、
『チャリティーステッカーなんですよね。おつりはいいです』
と、温かいお気持ちを下さいました。

『今シーズン野麦にはもう行けないけど、どうしたらステッカー買えますか』
と大阪からステッカー代とご支援金を頂きました。


一緒に野麦峠スキー場で働く仲間から
『これ、ぼくたちから…』
と…。


何年も前に販売しなくなって机の奥で眠っていたステッカーを
持ってきてくれた支配人Kenzy。
ポストカードやオリジナルステッカーを家で作ってきてくれたロバトさん。
全面的に応援、協力してくれるスキー場の上司/仲間たち。

そして、ステッカーやポストカードを購入して頂いたり、
温かいお言葉をかけて頂いたり、
被災した地へ関心を向けて頂いたり…。

人って本当に温かいんだなぁとつくづく感じます。

『愛を込めて』
ブログを書いているつもりでしたが、
みなさんの愛情をもらっているのは私達の方でした。


野麦のスタッフ、お客様、近隣施設の方々、野麦に関わるみんなの気持ちが、
一つになろうとしています。

Smile Kids Project ASOBO は小さな団体なので、大きな支援はできませんが、
みなさんの大きな気持ちは届けてきます。

『野麦峠スキー場から、大きな愛をこめて』

無関心ではない、今でも案じている、と。

4月7日のイベントの様子はこのスタッフブログでも、ASOBOブログでもお伝えします。

たくさんの笑顔が咲きます様に。




そしてNOMUGIに関わるみんなに笑顔のお返しができますように。
田中利果